2010年12月24日

<鳩山前首相>時効分1億3千万円、国税当局が還付

 鳩山由紀夫前首相が実母から巨額の資金提供を受けていた事実が発覚し、贈与税約6億1000万円を納付した問題で、国税当局が、鳩山氏側に02〜03年分の計約1億3000万円を還付していたことが分かった。悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)行為はなかったとの判断から、時効分を返還した。鳩山氏が長年申告を怠った結果、本来なら納付すべき税金を免れたことになる
 実母からの資金提供は、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」による偽装献金事件の捜査過程で発覚。顧問弁護士の調査報告書などによると、提供は02年7月〜09年5月の間で、月額1500万円、総額で12億4500万円に上り、02〜03年には計2億7000万円が提供された。

 鳩山氏は発覚後、資金提供を「知らなかった」と説明。02〜08年分は昨年12月にまとめて申告し、09年分は規定通り今年3月に申告していた。これを受け、国税当局が税務調査を続けていた。

 相続税法で定めた贈与税の課税時効は、03年までは5年、04年以降は法改正で6年だが、悪質な仮装・隠蔽などの不正行為があった場合は7年に延びる。しかし、贈与を知りながら隠したなどの不正行為が認定されなかったことで、02年分は08年3月、03年分は昨年3月に時効を迎えていたと判断された。

 鳩山氏はこの問題を巡って、2月に国会で行われた党首討論で「(国民に)納税がばかばかしいとの思いがあるのは誠に申し訳ない」と陳謝していた。

 鳩山氏の事務所は毎日新聞の取材に「贈与税の納税手続きについては個人情報に係る事項で、答えを差し控える」と話している。

引用=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000001-maip-soci

計画的な脱税なのでしょうが、知らなかったで通ってしまうのですね。

この人の発言の軽さには失望を通り越して怒りすら沸いて来ません。

まるで、いい加減な政治家の代表のような人です。普天間問題もこの人の、

適当な発言のために未だに未解決ですが、過去の引退発言といい、政治不信

になってしまいます。

 民主党の小沢一郎元代表は23日、インターネットの番組で、11月に横浜市で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際、中国の胡錦濤国家主席と会談していたことを明らかにした。

 小沢氏は「(胡主席が)『会いたい』というから(会った)。僕は、儀礼的な社交辞令で会うのは嫌いだから『結構だ』と言ったのだが」と経緯を説明したうえで、胡氏には「(中国は)変わらないとだめになる」と、中国政府の統治手法に限界があるとの考えを伝えたという。

 また、小沢氏は番組で、衆院政治倫理審査会(政倫審)への対応について、「(自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件は)司法手続きに入っているから、立法府が同時並行で同じようなことをやるのは三権分立の精神から言うと筋違いだ」と述べ、出席しない考えを改めて強調した。

引用=http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101223-OYT1T00564.htm

このような記事も出ています。先の尖閣事件のビデオ非公開したのがAPECの為だった

という噂もありますが、その裏で、小沢さんと、話していたなんて、笑い話ですね。

どこまで迷走するのでしょうか?今の民主党は2元外交政策なのでしょうか?

管さん、大丈夫ですか?



「0」から圧倒的に稼ぐ!【ゼロスタアフィリエイトプログラム】
http://www.infotop.jp/click.php?aid=175789&iid=40973

1日わずか1時間のトレードタイムだけで
毎月20万円以上稼ぎ出してしまった
FXトレードツールとは・・・


posted by js at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。