2010年11月30日

跳べない真央5位、ファイナル2年連続逃す…フィギュア

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 フランス杯(27日・パリ) 女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)7位の浅田真央(20)=中京大=はジャンプのミスが相次ぎ、フリー5位の97・92点で合計148・02点の5位に終わり、GPの上位6人が進むGPファイナル(12月10、11日・北京)出場を2年連続で逃した。SP首位のキーラ・コルピ(22)=フィンランド=がGP初優勝し、長洲未来(17)=米国=が2位となった。

 トンネルを抜け出せなかった。真央はさばさばした表情でリンクを降りたが「自分のいい演技がいつできるのかなって思う。練習ではいい時もあるので、いずれはできると思うんですけど…」と、演技を振り返るうちに思わず涙ぐんだ。

 10月の第1戦・NHK杯で自己最低の8位に終わり、ファイナル進出には優勝が最低条件だった。SP首位との11・29点差逆転へ演技内容を変更。基礎点8・5の3回転半に2回挑んだ。だが、冒頭と後半で挑戦した大技はともに1回転半となり、3回転ルッツは両足で着氷。3回転フリップも1回転になった。

 今季はバンクーバー五輪前から違和感があったジャンプの修正に着手。ファイナル初優勝を飾った05〜06年シーズンの状態を取り戻すため、長久保裕コーチの下でジャンプを1回転から練習した。9月からは新コーチの佐藤信夫氏の指導を受けたが、思い描くジャンプができない現状だ。

 連覇のかかる世界選手権(来年3月・東京)出場には、年末の全日本選手権(長野)で表彰台に立つ必要がある。試合から一夜明けた28日、真央は「次(全日本)が本当のラストチャンス。時間があるので、その間どうするか日本に帰って話し合う」と練習計画を再考することを明かした。

 佐藤氏の下で一緒に練習する小塚は優勝した。「スケーティングがすごく上手で、良いお手本」と生きた教材にする考えを示し、佐藤氏と基礎的な滑りから修正していることには「毎日の積み重ねで、すぐには出てこない。来年、再来年に生きてくる」と前を向いた。4年後のソチ五輪へ、試練を乗り越える。

引用=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000003-sph-spo

日本でも多くのファンが、浅田選手の復活を期待しましたが、残念ながら、

まだ、少し時間が必要なようですね。しかし、ジャンプ以外は、素晴らしい

出来だったのではないでしょうか?素人の私が言うのもなんですが、いつも

ジャンプばかりに焦点をあてた記事が多いのですが、その他の部分の演技が、

素晴らしいと思うファンも、沢山いると思うのですが、ジャンプが決まらな

いと、並みの選手以下の様な論調の記事が多いので、本当の専門的な意見を

聞いてみたいのですが、いつも見ていてジャンプ以外の部分でも、他の選手

より、彼女の技術がすぐれてみえるのですが、そのわりにはジャンプが決ま

らない時は、他の選手よりも点数がでないように感じるのですが、どうなん

でしょうか?スピンやスパイラルといった要素は彼女はそんなに、他の選手

よりも素晴らしいわけでは、ないのでしょうか?そのへんところも、この競

技に対して疑問を抱いてしまうのですが、多分、解説者もいろんな事情があ

ったりして、本当に、自由に喋れない部分もあったりするのでしょうか?

大会スポンサーや、自分の好みの選手と、そうでない選手、同門の選手とか、

複雑な事情もあったりするのでしょうか?

まぁ、次のオリンピックまでには、時間もあるので、焦らず調整すれば、よ

り素晴らしい結果がでるでしょう。しかし結果が求められる世界ですから、

それも難しいのでしょうが、マスメディアも、もう少し素晴らしい才能を持

った選手をつぶすような報道姿勢を改める必要があるのではないでしょうか。








posted by js at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。