2010年11月22日

<柳田法相更迭>追い込まれ首相決断 支持率急落も影響

 22日、菅直人首相が柳田稔法相の事実上の更迭に踏み切ったのは、10年度補正予算案の早期成立を最優先させるためだ。内閣支持率が急落したことを受け、辞任を引き延ばせば影響が拡大し、仙谷由人官房長官や馬淵澄夫国土交通相にも波及しかねないと判断した。しかし、事態が収束するかは不透明だ。野党側に追い込まれた形での閣僚辞任となったことで、今後の政権運営は一層厳しさを増す。
 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は22日朝、自民党の逢沢一郎、公明党の漆原良夫両国対委員長とそれぞれ会談し、補正予算案の早期成立への協力とともに、仙谷氏と馬淵氏の問責決議案を提出しないよう求めた。

 政府・民主党には柳田氏の辞任で野党側が攻勢を強め、政権の要の仙谷氏に狙いを定めてくることを強く警戒している。民主党幹部は21日夜、「問責決議案が次々と出てくると思うので(柳田氏を辞任させるか否かの)判断が付かない」と心情を漏らしていた。

 それが、急転直下、22日午前の辞任となったのは、内閣支持率が急落(毎日新聞の世論調査では26%)し、鳩山前政権末期の水準に近い危険水域に入ったことがある。民主党内には「世論の支持がここまで悪いと、補正予算案の成立が遅れれば野党のせいではなく政権のせいになる」(ベテラン参院議員)、「尖閣諸島問題とあわせ、地元の声は政権への批判ばかり」(新人衆院議員)との声が噴出していた。

 だが、柳田氏辞任で仙谷氏らの問題を切り離せる保証はない。22日午前の参院予算委員会では自民党の佐藤ゆかり氏が、自衛隊について「暴力装置」と発言した仙谷氏をあらためて批判し、「問責決議案も検討しなければならない」と指摘した。柳田氏が辞任しても野党側は攻め手には事欠かない。

 こうした状況に鉢呂氏は、記者団に「これ以上補正予算案の成立を遅らせることは野党にも大きな責任になる。国民からの批判があってしかるべきだ」とけん制。国民新党の下地幹郎幹事長も「野党側が問責決議案を連発して予算成立が遅れれば、経済が厳しいなかで苦しむのは国民だ」と強調した。

 ただ、仙谷氏らの問責決議案を巡っては自民党内の意見が分かれている。22日、石原伸晃幹事長は補正予算案採決前に提出し、菅政権をさらに追い込む姿勢を示したのに対し、参院側は「私たちは補正予算案の審議をじゃまするためにやっているわけではない」(脇雅史参院国対委員長)と慎重だ。野党内の足並みもそろっていない。【須藤孝、岡崎大輔】

引用=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101122-00000025-mai-pol

支持率低下を恐れて更迭したみたいですが、今回の発言は、政治や国民を、

バカにした酷い話です。普段から、本当に身内ではこういった発言をして

いるのでしょう。つい、本音が出てしまったのでは、と想像できますが。

まるで、企業のクレーム対策の、受け答えのマニュアルのような発言をして

おけば大丈夫と、普段から、身内でこういった形だけの答弁で乗り切ろう

という話をしているのでしょう。こういった人達に日本の将来が託されている

改ためて、選挙の重要さを思い知らされました。多分、ほかの政治家も、本音

では、柳田氏と、同じ考えを持っていると思いますが、誰でもこれを言えば

おしまいということぐらい、分かるのですが、つい口が滑ってしまったので

はすみません。まして柳田氏一人を更迭して、支持率低下が抑えられると思って

いる、現内閣には本当に国民の心が理解できていません。支持率低下を抑えら

れるとは思ってはいないでしょうが、形だけでも辞めさせておこう、という本音

見えてしまっているからです。しかしこのような人達でも地元の選挙で当選して

いるのですから、今回の発言を選挙民が聞いたうえで、次回の選挙でまた当選

するというような結果なら、どうしようもありません。国民の多くは個人よりも支持

政党で候補者に投票するので、こういった候補者の本当の資質を見抜くことは、

難しいと思うのですが、この発言を覚えていても、再びこの人が当選するようなら

どうすることもできません。こんな人を選んだ管内閣に任命責任があるのですから

柳田氏、一人辞めさせたところで支持率回復が望める訳も無く、そのうえでの更迭

は、形だけの受け答えで良いといった彼の失言を結果的に肯定しているような物です。

APECも形だけでも成功をおさめたと思っているでしょうが、そんなもの国民の多くは

誰も思っていません。あんな中身のない、話し合いに巨額の税金が使われている一方で

日本は本当に崩壊し始めているのではないでしょうか?彼らは自分の立場を守る事にし

か興味がありません。国民は第一ではないのです。そんな人達でも地元選挙で当選して

いるのですから、私達、国民が責任をもって選挙で意思表示をしなければなりません。

彼らの本音は国民に、政治に対して関心を抱いて欲しくはないのです。今回の政権交代

で、唯一、評価出来る事があるとすれば、駄目な政治家を選んでしまった国民にも責任

があるということを多くの国民が自覚させられたということです。









posted by js at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。